PEOPLEスタッフ紹介

お店に一歩入った瞬間
お客様がときめく。
その瞬間に出会えることが
最高に嬉しい

お店に一歩入った瞬間
お客様がときめく。
その瞬間に出会えることが
最高に嬉しい

チーフ(店長)

2004年入社栃木県陽東店

小幡 真美Obata Mami

入社理由

もともとは設計事務所で働いていました。姉に進められて「アミングいいんじゃない?」って。印象としては楽しそうだなと。そんな風に感じましたね。

仕事のやりがいや面白さについて

仕事のやりがいや面白さについて

これまで、様々なポジションを経験させてもらいました。
スタッフ ⇒エリアリーダー ⇒ 本社バイヤー ⇒ 店長など
どの役割の時もそうでしたが、この仕事は「できたこと」「やれたこと」「誰かの役に立てること」の喜びを感じられる仕事なんです。どんな小さなことであってもちょっとしたことを仲間と一緒に喜べるのはどのポジションでも同じです。そんな環境にいられることがとても嬉しいです。

また、必要なことをメンバーにどうやって伝えるか。伝えたいことや伝えるべきことを、熱量までも変えずに浸透させることの難しさとやりがいを感じて仕事をしています。
バイヤーという仕事の時も良い商品を選ぶ目利きである必要があり、当然お店とのコミュニケーションも必要ですが、それ以上に店舗にいると、「伝え方」をより強く意識しています。ひと言であっても、その伝え方によってスタッフの動きが変わりますから。店舗全体の場の空気や人の動き、そしてそこから立ち上がる何かが大きく違ってきます。数値化できませんし、目に見えないものですが、それはとても大切なものなのです。

最近、店舗全体のチームワークが良くなってきているように感じられて、これもまたとても嬉しいんです。
具体的には、プラスのフィードバックをスタッフから聞くことが増えました。
「○○さんがアシストしてくれて・・・。」や、「この商品が売れました!○○さんからこんな情報をもらえたから…。」など。
以前、自分が今よりずっと未熟な時は、誰も何も言ってこないという状況も経験しましたから。メンバー同士がプラスのフィードバックをし合える職場であることが本当に嬉しいですね。

そして、良いお店づくりをするためには、自分自身がお店の中で一番楽しんで仕事をしていることが重要だとも思っています。チーフの気持ちに波があってはいけないですから。気持ちというものは常に内側から無自覚に発信されてしまうもの。だったら、ハッピーな気持ちを発信し続け、店舗全体が幸せな気持ちに満たされた方がスタッフの動きもお客様のときめきも、きっと増幅するに違いありません。

将来の目標について

将来の目標について

会社は成長し続けており、店舗も増えています。
そんな環境の中で、もっともっとお店づくりの進化に関わっていきたいですね。店舗そのものの進化を形にすることをやっていくというのでしょうか…。
なにより、お客様のときめきにヒットする店づくりを実現し、共感を得る機会を増やす。そんな仕事をやり続けたいと思います。
お店に一歩入った途端に、お客様がときめく。その瞬間に出会えることが最高に嬉しいですから!